本日はLesson Dayなり!

こんにちは、本田蒼風です。

今日は東京、3連休中唯一雨の予報だったのに、晴れ間が見えました。

本日は朝からお教室Dayでございました。本日も皆さんとMOJIと表現することを楽しめました〜感謝!

午前中はMOJIデザイン専科講座でした。

現在受講くださっているのは、書道の師範をもちながら、現在はアニメーション制作のお仕事されている生徒さん。
将来的には書家・筆文字デザイナーとして独立を考えていらっしゃるとのことで受講を始められました。

本日の課題は初級7回目、【商品パッケージデザイン】に関してでした。
前回のレッスンで出した課題を制作(デザイン)してきてもらい、
それを元にお客様との打合せをシュミレーションして、修正提案の出し方などを具体的にやっていきます。

一点ものの「書作品」を制作することと「デザインとして書を制作すること」は、
様々な点で大きな違いがあります。
筆文字のデザインは、最終的には、クライアントさんの想いを形にし、それが先の対象(対象となる顧客)に
届くよう考えて制作をしなくてはいけません。
どうしたら、クライアントのイメージにより近づけられるのか、点画、線一つずつをしっかりと分析していきます(^^)

生徒さんは、元々書の実力もありますが、
アニメーション制作現場で勤務されていることも関係しているでしょうが、
最終の出来上がりイメージ力があるので、私が当初想定していた以上の課題をどんどんとやっていくことが出来ます★
そうなると、こちらとしてもワクワク!
将来的には是非同志として一緒に活動頑張っていきたいと思っていますので、指導にも熱が入ります。
結局色々と今後の方針なども話し合いながら進めていたらお互いワクワクしすぎて、
レッスン時間を30分オーバーしてしまいました。笑
来月は「筆文字デザインとフォントとの組み合わせ」に関して学んでいきます(^^)

現在MOJIデザイン専科講座では2016年9月〜の受講生を募集しています。
詳しくはこちらから→MOJIデザイン専科講座詳細


午後からは字遊Art書教室

本日の文字は「菜」

「菜」という字は草冠に「采」と書きます。「采」は「爪」という字と「木」とを
組み合わせたもので、手で摘み取ることを表しています。
春の知らせに手を伸ばせば、温かな陽ざしを受けた新芽から伝って春の陽ざしまでも手元に引き寄せることができそうですね。




台紙の色も春らしくちょっとポップなものが並びました★
十人十色・・・いやいや四人四色!!

それぞれの人がイメージする菜の花、菜っ葉、春の恵みを摘み取る手先、春を喜ぶこころ・・・
そんな景色が文字を通して伝わってきます(^^)

作品の横には、文字のルーツと4月のカレンダー。
来月はこちらの作品を飾って春を満喫ですえへえへえへえへ

次回開催は4月16日(土)です。
詳細・参加申し込みはこちら・・・字遊Art書教室

本日も皆さんとMOJIと表現することを楽しめました〜感謝!

今年から一緒に【MOJI活】始めてみませんか?



寒さも本格化してまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

MOJIKARA研究所では
各種お教室も開催始まっています(^^)

今年から一緒に始めてみませんか?

ご案内はこちらから・・


http://labo.mojikara.com/category/workshop




 

【MOJIKARA研究所】プロの文字デザイナーのための情報発信術


 
もっと身近にいい文字を・・・ 【MOJIKARA研究所】

現在MOJIKARA研究生募集中!
最小限にして最大限!!!
シンプルで美しい「文字」をきっかけに、新しい豊かさ見つけましょう。

現在受講生を募集している講座はこちら・・・

■いい文字に囲まれて幸せな気分・・・世界に一つだけのArt書作品を作る【字遊Art書教室】
■プロの文字デザイナーを目指す人のための専門講座【MOJIデザイン専科講座】

詳細はこちら・・・↓



いっきに秋らしい日が多くなり、何だか夏にさよならのご挨拶ないままに終わってしまったようでちょっと悲しい気持ちになってしまいます。(油断してたら、ガッと暑くなりそう)

さて、いよいよ明日から9月ですね。

私のアトリエ 兼 文字と書の研究施設(笑)MOJIKARA研究所も
いよいよ本格的に教室や講座がスタートします。

それに先駆けて・・・先週末、ある講座を開催しました。


私が主催している講座の一つにMOJIデザイン専科講座という講座があります。

こちらは、「プロの文字デザイナーを目指す人のための専門講座」です。

「プロ」の線引きは難しいですが、

その分野のプロフェッショナルとして、
自分自身も自覚を持ち、
相手(お客様)にも認識してもらえる(評価してもらえる)人であること
・・・が絶対条件ですよね。

そこで、今回はMOJIデザイン専科講座の受講修了生(もうプロとして活動を始めている方もいらっしゃいます)、受講中生、これから受講をされる方のみを対象とした特別講座でした。

講座の題名は「プロとして活動するための情報発信術」です。


29日(土)は残念ながら霧雨・・・でしたが、講座はかなりHOTな内容で濡れた服も一気に乾くほどでした。www


情報発信術】といっても・・・ただ、SNSの活用方法や、効果・・・ではなく、もっともっと根本の部分をおさえた上で、「どんな情報を発信すべきか」を考える・・・

という何とも奥の深いお話でした。

そもそも、【MOJIデザイナー = 文字のデザインをする人】といっても、
筆文字がうまく書ける・・・だけでは、いいデザインは出来ません。

なぜなら・・・

書の作品制作(自分の作品をつくる)が、自分自身との対面をすることだとすると、

文字のデザインは、
自分以外の人の想いを代弁させて頂き、表現することで、第三者に届ける仕事全般を担うこと・・・という大きな違いがあるためです。

個人プレー競技とチームプレー競技みたいな感じです。

デザインする過程で、まず始めに最も大切になってくるのは、

「依頼してくださる方との意思疎通・コミュニケーション」です。

コミュニケーションがうまくいってないとチームがうまく動きませんからね。

相手の方が、何を考え、何を望み、どんなイメージをしていて自分に依頼をしてくださっているのか・・・

それを考えることが大切になってきます。


・・・が、これは、あくまで文字のデザインをさせていただくことが決まってから
「文字のデザインをする側」が大切にするべきポイント。

その前段階には

「この人にお願いしたら、私の頭の中のイメージをしっかり形にしてくれるのではないか(チームを組んだら、自分だけでやるよりもっといいものができるのではないか(期待)」

と感じ、コンタクトを取ろうと思ってもらう必要があるのです。

日本全国に、そして世界各国に「筆文字のデザイン」をする方は
何万人??いやいや何千万人??・・・とにかく・・・(汗)沢山います


が、

その沢山の人の中でも「何か私にピン!!!」と来るところがあるからこそ、

依頼をしてくださるのですよね。(そう考えると、本当に凄い確率だな〜)


その「ぴんとくる何か」は一体何なのか・・・(どういう部分に期待をしてくれるのか?)

それをデザインする側の私たち自身はどれほど自覚できているだろうか・・・

という問いから講座は始まりました。


その「ピンと来てくださるポイント」を自分たちで改めて探るべく、

「自分らしさって何?」

を色々な角度から考えて見ます。

自分らしさ=自分が大切にしている事・モノ・想い

ですが、なかなか日頃立ち止まって考えることは少ないかもしれません。



う〜ん・・・悩みながらも、苅谷さんが用意してくださったワークを使いながら考えます。


講座の中では、私自身の経験も踏まえ、

「活動の中で大切にしてきたこと、大切にしていること」を少しお話させて頂きました。

私は話ながらも、
自分がなぜこの部分にこだわるのか・・・
今までこのことを芯として考えてきたのか・・・を
改めて深く考える機会にもなりました。

きっとその人らしさを突き詰めて考えていくと、

その人の生き方(今までの経験)が絶対にどこかで影響していて、

全く同じ人生を歩んでいる人はいない訳なので、

その人らしさも自ずと、人により変わってくるのですよね。



沢山の方の中から自分を選んでコンタクトを取ってくださるのは、

その「その人らしさへの共感と期待」があるからです。

だから私たちがプロとして活動していくときには、

自分自身のことを、いつでも、誰よりもしっかり見つめる・向き合う必要があるし、

そうして自分を自覚することが、

自分が繋がりたい人やことと繋がれるきっかけになるのだと思います。

講座が修了して、受講生から感想やコメントがどんどん届きました。

その中には

「なにも難しいことはなく、ひとつひとつ考えながら気づき、やっていけばいいのだというとてもシンプルなことに気づかされました」

「自分自身でも気がついていなかった【自分】を知って、正直驚きました。もっと掘り下げてみます!」

「自分の大事にしているものは何なのかもう一度ゆっくり考えて、始めた当初とは少し変わって来た部分を認めつつ、基本を見つめ直そうと思います。」


など、その方の今の時点からできることをしっかりと見つけていかれたようでした。

私も早速、もう一度、自分がなぜこの活動を続けているのか、続けていきたいと想っているのか、改めて考えてみたいと思います(^^)


MOJIKARA研究所では、今後も様々な講座を企画していきます★

いい文字と共に、
その人の中で
きっとまた新しい可能性が開くことを願って・・・


1