2011.11.11_子供たちとART書作品作りワークショップ_2

JUGEMテーマ:アート・デザイン

こんにちは、本田蒼風です。

11月11日にやったART書のワークショップ「A nice word tree」の様子です。

まずは私が「芸」の文字をパフォーマンスで書きます。

3歳児〜4年生までの子供達150名くらいが観てくれている中、書きました。

後から先生たちが

「いつもはずっとお話をやめなかったり、落ち着かない子供たちが、蒼風さんのパフォーマンスが始まった瞬間、誰も声出さずに真剣に見入ってた姿が本当に驚きました。」

子供たちの呼吸、私もパフォーマンスの間中感じましたよ(^^)



私は書道でいう「揮毫(書く姿を見せる)」と書道パフォーマンスは全く別物として考えています。
揮毫はあくまで、その人の書く姿を見る、見ている人が書いている人の呼吸に合わせる。

パフォーマンスは、会場の呼吸を汲み取りながら、巻き込んでいく。

だから私は観てくれている人数が1人だろうが1000人だろうが関係なく、

そこの場所にある呼吸に徐々に合わせていくこと、巻き込むことを考えてパフォーマンスをします。

「書道」は「道」がついています。
パフォーマンスのやるようになってから、この「道」の意味を考えるようになりました。

「剣道」とか「華道」とか…

そこに共通しているのは「呼吸」と「空気感」ではないかと思うようになりました。

どちらも目に見えませんが、時に目に見えるものよりも直感で感じるものですね。

これのやりとりをするところに「道」を感じます(^^)



書いた後は、漢字クイズ。

「今私が書いた漢字はなんという漢字でしょうか?」

答えは「芸」だったのですが、子供たちは一生懸命今書きあがった作品を色々な角度から見て考えます。

「人が何か手に持ってる?」

「蛇みたいにくねくねしてる」

「手みたいなのが見える」



「書」の作品というと「読めない」から入る人が多いですが、
もっと感覚的にとらえてみたらどうかしら?と思います。

「白がきれいだな」「何かしているみたいに見えるな」とか…

象形文字はそれが簡単にできるから大好きです。

漢字を読めない国の人でも感覚で、その意味を汲み取ることができるから。

「芸」の漢字のルーツは、前回のBlogにも書きましたが「何かに手をかけて新しい形を創ること」と意味があります。

ARTってそういうことなのでしょうね。

今回は私が書いた「芸」の文字の「苗木」に当たる部分に

「笑」「楽」の漢字を葉っぱ状の紙に書いてもらって(書と漢字の練習)、

言の葉を創ってもらう・・・・というワークショップでした。




これが子供たちの作品が貼り付けられる前の状態ですね。



(この時、画鋲が膝に刺さって冷や汗ながれました。笑)

書けた順番に持ってきてもらって「言の葉」を咲かせていきます。



今回はインターナショナルスクールだったので、

普段はすべて授業も「英語」「アルファベット」

ルーツから覚えてもらって、それを好きなように書いてもらうことから始めてみようという
今回の取り組みは、

本当に子どもたちの個性引き立つ素敵な文字たちを生み出してくれました。

(本田)「わ〜この笑うは本当に笑っているみたいだね」 (生徒)「笑いながら書いたの。照」

(生徒)「楽しいはダンスしている姿なんでしょ?だから楽しそうに書いてみた」

などなど

まだアルファベットも書くのが難しい3歳児の子たちまでが、しっかり「笑」の漢字の入った言の葉を持ってきてくれました。



そして完成図がこれ!!

リンゴの実のような、紅葉した葉のようなきれいな文字たちが、沢山!!!

「私が書いたのはあれだよ〜」「私のちょうど手のところにある!!」

子供たちは自分の書いた文字たちが大きな作品になって大はしゃぎ(^^)



2011年11月11日だったので、みんあで指を「11」にして「アゲアゲ〜」です。

この作品、先生たちにも大好評で、

今立て直している新校舎に常設されることになりました〜!!!

数年後、一生懸命書い文字たちの中に自分の作品を見つけて、子供たちは何を思うだろうな…


とちょっとワクワクしながら、

ワークショップは無事終了したのでした(^^)


ワークショップの様子は、動画でも残してくださっていて、

編集は子供たちがやってくれているとのこと(^^)

届くのが今から楽しみです★


これからは、日本の学校でも、楽しく「漢字」や「ART」を体験しながら学べる機会を創っていけたらと思っています(^^)
コメント

菜穂子さん>ご無沙汰です〜。Blog拝見しています。とってもいい経験をさせてもらいました(^^)楽しかったです★

  • 本田蒼風
  • 2011/11/27 19:59

高岡さん>子供たちが一生懸命に自分なりの解釈を加えて作ってくれた作品一つ一つには本当に力がありました。文字で気持ちを表現することができるということを、改めて私自身も確認できた素晴らしい機会でした(^^)

  • 本田蒼風
  • 2011/11/19 01:27

ホント素敵!!!
作品も、空気感も、蒼風さんのお顔も、生徒さんのお顔も、ステキ〜〜

良いモノをありがとうございます。

凄い! 今までとは違った感動の作品になりましたね。 子供達のエネルギーと共に新しく進化した作品ですね。

  • je5iwg
  • 2011/11/18 22:11