大切な人に名前を贈ろう!【名美キャンペーンのお知らせ】


 
春一番が吹いてから、
外は随分と春の陽気を感じさせてくれる季節になってきましたね。

3月、4月は

お子様がいらっしゃる方にとっては、
進学、入学、卒業など何かとイベントが多い時期かもしれませんね。

私の誕生日は3月13日で、
ちょうど修了式、終業式の2日くらい後。

ということで、

教室で「おめでと〜」と言ってもらう機会を逃したようで、
ちょっと悔しかったことも
また思い出です。www

さて、

そんな「転機」を迎える大切な人に、名前を贈ってみませんか?

唐突に・・・

なぜ「名前?」

「名前を贈る??」って??


と想われるかもしれませんが・・・

実は

唐突でもないんですよ(^^)

人生の「転機」と呼ばれるタイミングは、実は「自分の名前」と改めて向き合う機会でもある場合が多いんですよね。

例えば・・・

誕生

ご両親や、場合によってはおじいちゃん、おばあちゃんまでが
皆で画数を見たり、イメージを考えたりして、お子様のお名前を決めますね。

もちろんこのときは本人は赤ちゃんなので、
「自分の名前と向き合う」とはちょっと違いますが、
沢山の人が「名前」への想いを感じるタイミングです。


入園、入学

これまで自分に近い人(両親や親戚など)から名前を呼ばれていた環境から、
一つ違う世界へ踏み出す瞬間です。

沢山の出会いの中で

「自分」の名前を他人にも認識してもらえる最初のタイミングといえるかもしれませんね。
お母さんは、すべての持ち物に「名前」をつけてくれたっけ。

卒業

担任の先生が一人ひとりの名前を呼んでくれて卒業証書を受け取る。
「私の名前をどうか 噛まないで ! くださいね!!」と心から願ったものです。

就職

会社に就職すれば、まず練習させられるのが「名刺交換」!
これほど「自分の名前を認識してもらおう!」と意識するときもなかなか無いくらい、
色々な方法を考えますよね。

・・とこのような感じで

イベントごとには「名前」が付きものといっても過言ではないかもしれません!

当たり前すぎる存在の「名前」は

実は何よりも身近な存在です。

だからこそ、人生の節目、節目には、自分を改めて振り返るきっかけとして「名前」に
焦点をあてると、「心が決まる」みたいなところがあるんじゃないでしょうか?

ということで・・・

大切な人が、その先も自分に自身をもって輝けるように・・・

名前を贈りましょう!

【名前を世界で一つだけの作品にしてお届けします 名美】

3月1日〜4月末まで期間限定のキャンペーン中です。
是非この機会に・・・(^^)



photo by oiwai(http://www.oiwaiphoto.com/)
コメント