【生きる伝統】フランス人社長の想いを文字に込めて・・・3

  • 2013.09.15 Sunday

  • こんにちは、本田蒼風です。

    今日は北海道札幌での書道研修会に参加するため、
    朝4時に起きて空港へ向かいました。

    台風が近づいているということで、雨の心配はしていたのですが、
    何とか千歳空港までは到着。

    しか〜し!!!

    酷い落雷があったらしく、空港から札幌への電車が一向に動きません。
    もうすでに2時間立ち往生状態。

    研修にも遅刻しまくって・・・これで参加できなかったら、何のための北海道入りなのやら・・・とほほです。

    今年は大雨、竜巻、ゲリラ豪雨・・・とにかく天災続きですね。
    少しでも参加できたらいいな〜と願いつつ、電車の中でPCをおもむろにあけBlog更新をしております。

    さて・・・連続シリーズにするつもり、全然無かったのですが、
    書きたいことをひたすら思いつくままに書いていたら、
    3回に分けないといけないくらい長くなってしまった「フランス人社長の想いを文字に込めて」・・・

    やっと文字に込めて制作したことを書けます。www

    どういういきさつだったかは・・・
    前の2つのBlog記事を見ていただけると・・・わかります(長いけど)

    【生きる伝統】フランス人社長の想いを文字に込めて・・・1



    【生きる伝統】フランス人社長の想いを文字に込めて・・・2




    社長が今回のこの機会で、どんなことを社員の方々に伝えたいと思っているのか・・・

    その言葉は、

    どんな文字で表現されるのがふさわしいのか・・・

    お話を伺いながら、文字選びをしていきました。

    社長は、まず、私が使う道具たちに大変興味をもって色々と質問をされました。

    その中でも特に深く感心を持っていたのが「和紙」

    今回、和紙をご提供くださったのは、いつも大変お世話になっている


    私も最初そうでしたが、
    土佐和紙(今回しようしたのは、楮を原料とした和紙でした)を見て、
    直接触った人は

    「わ!!!和紙ってこんな手触りなんですか!!柔らかいけど強いんですね!!!気持ち良い〜」と。

    私もよくスリスリしてます。www

    社長もそのお一人。笑

    和紙の原料の話や、歴史、どんな用途でしようされてきたか・・・など
    (つたない英語でしたが)お伝えしたところ、

    「書で使うものはただの≪道具≫ではないんですね。」と深く感心をされていました。

    そして、ぽつり、ぽつりと
    今回の研修で社員の皆さんに伝えたい想いについてお話が進みました。

    それほど長い時間ではありませんでしたが、
    とっても濃い時間だったように思います。

    お話で印象に残ったことが沢山ありました。

    【一流のブランドとしてこれから先もずっと残っていくためには、
    《それ自身が生きる伝統≫であること】

    【本物であることを、誇りに思える心があること】

    【会社だけでなく、お客様の手に届く商品も、代々想いを届けるもので有り続けられるものであること(売ったあとも責任をもって・・・)】

    【一人で繋ぐことはできない。チームとなり一人ひとりが最善を尽くし続けた結果であること】


    どの言葉も、
    自分自身の活動に深く刺さる言葉だらけで、

    その「覚悟」ともいうべき一つ一つの重さを感じていました。


















    撮影:SHINYA YAMAUCHI (http://shinyayamauchi.com/index.html


    ずっと先の未来へ、
    私たちが今できること。


    ともすれば、ついつい結果を急ぎ、時間の尺度をどんどん目先においている私。

    でも、本当に心に届く何かを見つけたければ、

    もっと長いスパンで物事を考えられる「心の覚悟」が必要になるのだな・・・と
    深く感じました。

    そして。社長が見ている前で

    その文字を書かせていただいたわけですが、

    ちょっと最近にはない(自分では解決できずにいたこと)、不思議な感覚を体験できたのでした。

    それは、文字たちを書き終わったときのことでした。

    「書は呼吸で書くものなのですね。」と社長。

    「本田さんが書に向かうときの息遣いから、その息から生まれる線や文字から、

    私たちが伝えたい≪生きる伝統≫のもつ重みや強さを心で感じました。

    ≪生きる伝統≫は、やはりそれを届けたいと想う人の

    「人間の息遣い」が大切なのだと・・改めて感じました。ありがとう。」




    呼吸


    実は最近、どんどん浅くなっていってることに、
    自分自身ちょっと心配になっていた「自分の呼吸」

    意図的に呼吸を変えるため、
    YOGAを取り入れたりしてみたけど、
    やっぱり気がつけば深く呼吸ができなくなっていたのですが、

    社長の想いを伺い、

    「それを届けたい」と、

    頭の中がそれだけになったときに

    自然に深い呼吸ができていたのです。

    書き終わったあと、

    体中に血液がバババ〜って巡って、

    体中に空気がギュギュギュ〜って入って、それがぜ〜んぶ外にでて・・・

    頭の中がすぱ〜って明るくなって・・・。


    ・・・

    呼吸。

    これから先、しばらくは私の活動のテーマとして
    感じていくことになりそうです。


    今回の機会では、

    本当に色々な方の「熱意のリレー」のおかげで、

    忘れかけていたことに気がつくことができて、

    これからさらに探っていきたいと想うことができて、


    体中がブワ〜って熱くなれました。

    本当の「熱意」が巻き起こす
    不思議で素敵なパワーを与えてもらえて・・・

    本当に私は幸せです。


    急なお願いにも関わらず、
    全面的に協力をくださった皆様、本当に本当にありがとうございます。

    Special Thanks

    高岡丑製紙研究所 (土佐和紙)

    撮影協力
    SHINYA YAMAUCHI (http://shinyayamauchi.com/index.html


    そして熱意のリレーをしてくださった先生、子供たち、すべての方に・・・ありがとうございます。


    LVJの皆様と一緒に!!(^^)

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 10月10日には銭湯へ行こう!
      je5iwg
    • 【京都出張日記】本日第1日目、無事終了。
      je5iwg
    • 直感でピピ〜ンと来たら、それは実現するってことだ、きっと。
      je5iwg
    • 字遊教室展覧会のお知らせ(ART書展)
      本田蒼風
    • 憧れの情報誌「1010」にて取材いただきました!
      本田蒼風
    • 字遊教室展覧会のお知らせ(ART書展)
      野村しずか
    • 憧れの情報誌「1010」にて取材いただきました!
      je5iwg
    • 憧れの情報誌「1010」にて取材いただきました!
      ゆきはん
    • 人を招き入れること、受け入れること(NY滞在紀行)
      蒼風
    • NY滞在1週間が経ちました
      蒼風

    links

    profile

    書いた記事数:657 最後に更新した日:2016/11/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM