ぼんやりと日常を眺めること


こんにちは、本田蒼風です。

明日からNY。
展覧会含め3週間の滞在です。
何となくですが・・・

私がお勤めをやめて、

特に何とは決めず、アメリカへ渡って

しばらく活動していた頃の・・・まっさらな気持ちです。


そして本当に久しぶりに感じる身体の底から湧き上がるような

少しの不安とドキドキとワクワクです。

最近は「これを必ずやってくる」という目標と日程(ミッション)をガッチリ決めて仕事のための海外しか行っていなかったから、


ある意味、今回はあえて「これを絶対に」ということで決めていかない分、
なんとなく不安な感覚があります。

でも・・・そう。
活動を始めた最初がそうでした。

非日常の中で、ただただ「日本と変わらぬ普通の生活」を過ごすことで

日本での活動と比較し、少しの違和感を感じ、自分の生活を俯瞰し・・・

そんな時間が、
実は後からボディーブローのように効いてくる。

だから今回はあえて自分に「ミッション」を課しません。

こんな私の我侭な欲求の為に3週間家を空けることを許してくれた旦那に感謝。

ぼんやりと視点をあわせず、でも意識だけはして俯瞰してみる。


そんな時間を過ごせればいいな・・・と思っています。



(本田蒼風 渡米期間)

2013年11月12日〜2013年12月3日

*上記期間中、何かと連絡が取りづらいこともあるかと思います。ご迷惑おかけいたします。お急ぎの方はメールに【至急】としてご連絡くださいませ。
どうぞ宜しくお願い致します。


コメント