社会と接点を持ち続けること

 
こんにちは、本田蒼風です。
台風が去って梅雨明けしたと思ったら、一気に夏の空になりました。





さてさて・・・昨年11月に出産をしてから、少しの間お休みをしていたArt書の教室や講座ですが、いよいよ9月から再開すべく、毎日準備に追われております
でも・・・忙しいけど、何だか、「新しくスタートするための準備」は心がワクワクします。

MOJIKARA研究所(私のアトリエでもあります)でのお教室募集は、
9月からがスタートとなるため、新しくフライヤーを作ったり、HPを整えたりしています。
自分の想いを改めて整理する機会にもなっていいものですね〜。

色々と作業をしている間、
「私はなぜこの仕事をやっているのだろうか・・・?!と考えることがあります。

例えばMOJIのデザイン(筆文字の商業デザイン)は?

先日ある方からメールを頂きました。

「こんにちは、御無沙汰しておりますm(__)mお元気にされてますか?
3年前に書いて頂いた「想」の●●(個人情報になりますのでお名前は伏せさせて頂きました)です。なんとか10月でお店も3周年です♪
今でもお客様からあの看板は好感いただいて「想」にした意味を聞かれます。
有難うございました♪
今回15日が誕生日なんですがお客様が先生の想の字を凄く気に入って頂いてて
なんか誕生日の日にお店の壁に飾れるよぅにアレンジ幕を作ってくれるようです。
本当に素敵なものを書いていただいて有難うございましたm(__)m
これからも益々のご活躍を願っております☆」

このメールにもある通り、3年前に店舗のロゴを制作させていただいた方からのメールでした。ロゴ制作のご依頼を頂き、お店の名前、そしてそこに込める想いなどを伺いながら制作をしました。
そのロゴと共にお店も3周年。
ご依頼いただいたお客様からも、そしてそこにいらっしゃっているお客様にも、あのロゴ「想」ちゃんが愛されていると思うと感慨深いです
わざわざメールでご連絡頂けることも、本当に嬉しかったです。

「MOJIのデザインをすること=私と外の世界(社会)を繋いでくれるもの」

私にとって、文字をデザインさせて頂くということは、
ただ書くことだけでなく、
それをきっかけに今まで接点の無かった方と知り合うチャンスをもらえたり、
新しい世界とを繋いで接点を作ってくれるものでもあります。

私は自分が生み出したもので、
社会と接点を持ち続けられるこの仕事が本当に好きだし、
この仕事に出会えて幸せモノだと思います。

私自身、妊娠・出産・育児・・・と色々生活スタイルが変わった中でも、
在宅で出来る &(お客様の多大なるご理解とご協力を頂きながらですが)自分のペースで制作に取り組むことができたおかげで、

今も、育児&仕事の両方楽しみながらできています。
(私は産後体調回復が思いのほか良かったこともあり、産後2ヶ月目には文字デザインのお仕事は再開できました。これも産んでみなければいつのタイミングから再開できるかは分からなかったですが・・・)

ありがたい、本当にありがたい。

人それぞれだと思いますが、
私自身は、育児と仕事同時にやっているほうが、
心のバランスが取れる気がしています。

秋からの教室や講座がきっかけで、また新しい出逢いが生まれる・・・ことを祈って・・

さて、今日も1日頑張ろう!

********MOJIデザイン専科講座 受講生募集中!!**********

商品ロゴや、広告など商業デザインとして筆文字を制作する
「筆文字デザイナー」を養成するための専門講座です。 
将来、独立しプロとして活躍するための実践的なカリキュラムで、
デザイナーとしての資質と技術を身につけられます。

「MOJIデザイン」とひとえに言っても、
それに必要なことは、単にデザイン制作のテクニックだけではなく、
人と関わり、イメージを共有し、想像を文字として描き出すこと、
そして「伝えたい人にしっかりと情報を届けることができること」の全てが
「文字をデザインすること」だと考えます。
 
本コースでは、文字デザインの実践的なカリキュラムと
プロの文字デザイナーとしての資質を学び、かつ、身につけられます。

「子育てをしながらも、社会と接点を持ち続けて社会に貢献できる人でありたい」

「今まで書道を学んできたが、これからはその経験を活かして、もっと活動の場を広げていきたい」

「文字のデザインを通して、新しいモノ・ことと出逢ってみたい」

この講座をきっかけに「書」との新しい関わり方を見つけてみませんか?


講座募集要項・詳細内容はこちらから・・・


*********************************************

コメント