【名美】_加代子さんの場合

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 
みなさま、こんにちは。
本田蒼風です。

日々、文字の魅力にすっかりはまりこみ、
MOJIと共により良い素敵な暮らしを創造するための活動をしています。

皆様にも文字の魅力をお伝えするべく、
これから毎週火曜日
お名前に使われている文字の字源(ルーツ)を
ご紹介していきたいと思います(^^)

名前は、その人が輝ける場所へと導いてくれるナビゲーター

大切な人が、あなたがこの世に誕生してきてくれた記念に
「想い」と「願い」を込めて贈ってくれた一番最初のプレゼント
「名前」
アナタがこの世に存在している確かな証

「名は体をあらわす」…という言葉があります。
名前とは、ただの記号ではなく
「その人自身の姿をあらわす」ということです。
名前は、自分の存在の意味を知る
一つの【きっかけ】をくれるのかもしれません。

そこに込められたメッセージを受けとるとき、
感じ方は一通りではなく、
その時の「心」のあり方で変化をし、
新しい発見を与えてくれます。

現在、そして数年後の未来、あなたは自分の名前をどう解釈し、
名美の作品は、あなたの眼にどう映るのでしょうか。

あなたがこの先も自分らしく輝いていかれますように…
作品があなたのナビゲーターとなれますように…

名美(NABI)
名前は自分が美しく輝ける場所へと
ナビゲートしてくれる
本日解説させて頂くお名前は「加代子」さん。

さて・・・どんな意味が込められているのでしょう?
 

「加」は、
田を耕す鋤(すき)と祝詞を入れる箱(サイ)の形からできています。

このことから、この「加」の文字は、
五穀豊穣を願い農具を祓い清めた様子からできたと考えられています。

毎年然るべき順を追って儀式を執り行うことで
その年は豊作となり収穫できる形となって返ってくるということから
ルールあるものに、プラスされることを「加」と表されることとなり、
「加盟」や「追加」などのように使われるようになりました。

「代」は
邪気を祓い清めるチカラをもつと考えられ神具として使われた
「鉞(まさかり)」の形状からできています。
災いを祓い清めて、それを飛ばし去ることができると考えられたことから、
「代わる」のような使われ方をするようになったと考えられています。

「子」のルーツは、
頭が大きく描かれていることから、生まれたばかりの子供の姿だとわかります。
人が生まれ落ちた姿そのままを文字にすることにより
「素の状態」「そのままの姿」というような意味や、
大元から生まれ「増え広がる」というような意味も持っています

加代子さんは、

何か現状に、自分の感覚や新しい考え方を取り入れることで

よりよい状況を引き出し、それを広めていくチカラがある・・・

そんな方なのかもしれません。


もしあなたの周りに「加代子さん」がいたら、
是非お名前に隠されている素敵なメッセージ伝えてあげてくださいね★


来週は「愛奈(まな)」さんの名前を解説していきますよ。

お楽しみに★


++++名前を世界で一つの作品に・・・【名美】++++

お名前を世界でひとつだけの作品にします。
文字に込められたメッセージを字源から紐解いた解説書つき。

ご依頼はこちらから・・・


http://nabi.honda-soufu.com/order

+++++++++++++++++++++++++++++++

 
コメント