【名美】_紀明さんの場合

JUGEMテーマ:アート・デザイン
みなさま、こんにちは。
本田蒼風です。

日々、文字の魅力にすっかりはまりこみ、
MOJIと共により良い素敵な暮らしを創造するための活動をしています。

皆様にも文字の魅力をお伝えするべく、
これから毎週火曜日
お名前に使われている文字の字源(ルーツ)を
ご紹介していきたいと思います(^^)

名前は、その人が輝ける場所へと導いてくれるナビゲーター

大切な人が、あなたがこの世に誕生してきてくれた記念に
「想い」と「願い」を込めて贈ってくれた一番最初のプレゼント
「名前」
アナタがこの世に存在している確かな証

「名は体をあらわす」…という言葉があります。
名前とは、ただの記号ではなく
「その人自身の姿をあらわす」ということです。
名前は、自分の存在の意味を知る
一つの【きっかけ】をくれるのかもしれません。

そこに込められたメッセージを受けとるとき、
感じ方は一通りではなく、
その時の「心」のあり方で変化をし、
新しい発見を与えてくれます。

現在、そして数年後の未来、あなたは自分の名前をどう解釈し、
名美の作品は、あなたの眼にどう映るのでしょうか。

あなたがこの先も自分らしく輝いていかれますように…
作品があなたのナビゲーターとなれますように…

名美(NABI)
名前は自分が美しく輝ける場所へと
ナビゲートしてくれる
本日解説させて頂くお名前は「紀明」さん。

さて・・・どんな意味が込められているのでしょう?

「紀」は、そのルーツをたどってみると、
糸の部分は、
「糸巻きに綺麗に綺麗に糸が巻き付いている様子」を表します。
その様子から「何かが順序良く綺麗に整列している様子」
または「規則的に何かが続いていく様子」を表す記号素として使われました。
「世紀」や「紀行文」なども
これからの記号その要素から出来た言葉です。

「明」はよく太陽と月という説が聞かれますが、
本来は「窓からもれる月明かり」という意味でした。
「月」の光は神秘性をもち、闇夜から身を守ってくれる光として
「見守る」というような意味を持つ記号としても使われました。

紀明さんは、

物事を順をおって正しく整えていくような論理的な思考をする力があり、

起こっている出来事に対して、ある一定の距離から見守り照らす(道筋を見つけやすいようにする)

・・・そんなチカラをもった方なのかもしれません。


もしあなたの周りに「紀明さん」がいたら、
是非お名前に隠されている素敵なメッセージ伝えてあげてくださいね★

来週は「貴寛」さんの名前を解説していきますよ。

お楽しみに★


++++名前を世界で一つの作品に・・・【名美】++++

お名前を世界でひとつだけの作品にします。
文字に込められたメッセージを字源から紐解いた解説書つき。

ご依頼はこちらから・・・


http://nabi.honda-soufu.com/order

+++++++++++++++++++++++++++++++
コメント