出逢い・出会い・出遭い

今週は「であい」の週でした。
自分の予想以上の「であい」の多さに自分でもビックリするくらい…。

こんな週は特に気持ちがワクワクします嬉しい

「出会いは必然」
「会うべくしてあっているんだよね」


私の周りの人たちは、みんな口をそろえて、そういいます。

以前までは「えっ!?この人私に気があるのかしら??ときめき」とか思って、違った意味でドキドキ、ワクワクしていたことがありましたが…(笑)「そうなのかな〜」くらいの感覚で聞いていました。


でもね、最近本当に「その通りだ!!!びっくり」と思うことが立て続けに起こります。


すでに年末あたりからその傾向はあった気がしますが、昨日は「ゾクっ!!!!冷や汗」とするような出来事がありました。

先週あるセミナーに参加してきました。


主催者のSさんには、以前ちょっと顔を出したあるイベント(それもひょんなことから突然当日出席を決めたんです)で名刺交換をした程度でした。(Sさんもイベント終了間際の一瞬のみ参加されたので…)ほとんど内容のある話をする間もなくその時は終わりました。

このSさん。

「とびきりの行動力と発想力・提案力」

の持ち主で、何だか「突き抜けている人」という印象がありました。
日本の文化を海外にどう発信していくか…という内容を、ビックリするような提案力をもって推し進める方で、私としては「雲の上の人」のような感覚でした。

…で、その方とはイベント以来お会いしていませんでした。
何度かセミナーのご案内は頂いてましたがことどとく日程が合わず、結局参加できずにいたのですが・・・先週のセミナーは嘘のように、ぽっかりその日だけ予定が空いていました。

「行ってみよう!!」

そのセミナーの内容も、まさに今私が考えたいと思っていた内容だったのでワクワクしながら参加。

セミナーの内容がこれまた「ドンピシャ!!見る
(セミナーでのお話はまた別の機会に…)

私が求めていた答えのヒントがゴロゴロ転がっている最高のセミナーでした。

セミナー後、Sさんには恐れ多くて挨拶もできず帰宅してしまったのですが…とにかく沢山のヒントをいただけたことが嬉しかったので、御礼の簡単なメールを送りました。もちろん返信があるとは一切期待もせずですが…

そしたら昨日突然のSさんからのメール。


「今日イギリスから戻りました。連絡いただけませんか??」



え〜!!!!!!



もうビックリ!1分1秒の単位で動いているような方が…私に??!


とにかく半信半疑で、でもとんでもなく嬉しくて…お会いしてきました。

やっぱり凄すぎる。
発想から何から「突き抜けて」います。とにかく楽しい時間をご一緒させていただけて大満足の私。

突然Sさんは言いました。


「出会いは必然だからね。」



おっと!!ここでもその言葉か聞き耳を立てる
でもそういってくださることが何より嬉しかったのです。


ビックリしたのはその後。

私が年末あたりから大変お世話になっている方のお話をしていたときの事。

私「素敵な方なので、機会があったらご紹介させていただきたいです」
Sさん「あ〜是非是非お願いします」

こんな会話をしていた矢先。


Sさん「来月のアタマに1泊2日であるイベントに参加してくるんですよ、どうしても来てくれと言われて何とか予定を調整していくことになったんですけどね。笑 ○○っていうイベントなんですけど…」


私「…えっ!!!?○○?」


Sさん[そうなんですよ。突然誘われて昨日行くことを決めたんですけどね」


私「…嘘でしょ?!さっきお話していたご紹介したいと思っていた方もそのイベントに参加するのを昨日決めたって言ってました…びっくり


Sさん「えっ、そうなんですか?それは驚きですね楽しいやっぱり今日のこの時間も必然なんですね」


結局私が紹介することもなく、この方たちは会うことになっていました。


世界にはこんなに人が沢山いるのに…私の周りは「繋がるはずもない感じ」の人ですら、ビックリするほど繋がっています。

世の中に人口は実は100人くらいしかいないんじゃないかって思っちゃうくらい子供


「せ〜かい〜はせ〜まいっカラオケ(世界は狭い)」


これ悪い意味でとらえてました。私。

「悪いことできないな、世界が狭いんじゃ・・・」笑


でも最近思います。


これは同じような志をもっている人が、必然的に集まるようになっているからなんだ…って。


だから今はこの言葉…前向きに聞こえます。












いよいよ始動! 私の秘密の生活・うふふBlog(笑)

「Art書家・秘密の生活」

…なんて、何か思わせぶりな題名つけちゃったけれど、良かったのか?!

そんな戸惑いと共にいよいよスタートを切ったわけです拍手

色々な事をモヤモヤ頭で考えるのが、幼い頃から私の趣味みたいなところがあって…(重度妄想族)それは年々増している様子。

その内容は人生論みたいにカッチリしたものから、「何で私はひじきの煮つけが好きなのか?」みたいなくっだら無いような内容まで…多岐にわたっているのであります。

それを全て公に出すのは混乱を招くからできないと思うけれど…汗


でもちょっとずつモヤモヤ・楽しいこと・皆に伝えたいって事を書いていきたいな…と思っていますよ。

若輩者ですが…宜しくお願いいたします嬉しい