【七夕】ですから!!「愛」の漢字が教えてくれること

 こんにちは、ART書道家本田蒼風 です今日は7月7日。本州では(九州・四国も??)

七夕ですね。

あっ、ちなみに私の出身北海道では、一か月後の8月7日が七夕です。

以外に知られていない事実。

東京ではどうなのかな…

北海道では七夕の日には、

(特に小学生くらいの時には)

浴衣を着て、

提灯をもって


「蝋燭だ~せ、だ〜せ〜よ、だ〜さ〜ないとカッチャクぞ!おまけに食いつくぞ」

っていう、

実はちょっと怖めの歌詞を歌って

海外の「ジャックオランタン(ハロウィンの時の)」みたいなことをやって近所を夕方から回ります。

各家は、お菓子や蝋燭を用意して、

その歌を歌う子供たちが来るまで待っています。

私もよくやりました。


町内会を回りまくって、買い物袋いっぱいにお菓子をもらって、

それを一年かけて大切に食べる

そんな思い出です。

あっ、一か月後ですけど。


さあ、七夕と言えば、

有名なお話がありますよね?

七夕の由来はこちらから


もともとは、<strong>精霊の祈りを込めた儀式の一環</strong>だったのですね。

そうだとすると、今年は震災で亡くなられた方々のことを思いながら、
しっかり「七夕」を感じるのもいいのかな?なんて思います。

ただ一般的に「七夕」といえば、

短冊に祈りを書いて竹に吊るすとか

恋人同士(織姫・彦星)が一年に一回だけ面会を許される日

とか・・

そちらの方が浸透している文化っていう感じがしますがね…

さて、

以下【牛朗織女】より引用

織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。


そんないわれが…「恋は盲目」という感じですね。笑

実は、二人の間柄をまさに表しているような漢字があるんですよ。


それは…

<font size="4">「愛」</font>です。


上は、楷書で「愛」と書きましたが、下は古代文字(漢字の起源)で、これもまた「愛」と書きました。

「愛」の文字のルーツは、大変情感深いイメージを伝えてくれる漢字です。

文字のカタチは、

人がひとり、後ろを顧みてたたずんでいます。

その人の胸あたりには「心臓」のカタチが加えられ、

それを大切そうに腕で抱えるようなしぐさをしています。

愛おしい人がありながらも、何かの事情で立ち去らなくてはいけない…

「後ろ髪をひかれるような想い」というのが

この「愛」という一文字に込められたメッセージだといわれています。

言葉にはならない、形にはなりにくいような、一見ぼんやりしてる想い。

ただ、それは確かにある心の深い部分で感じる感情。

…そんな感情に気が付くことができる繊細な心の姿を現した文字だといわれます。

 


「愛」って、そんな感じかもしれませんよね。

英語にすると「Love」になるのかもしれないけど、

「Love」が持つような開放的な感覚よりも、

もっとなんだか心の葛藤とか、

言葉にならない感情を、この「愛」一文字が伝えてくれるようで、

とても大好きな文字の一つです。


ちなみに…

名前に「愛」という文字が入っている方は、ルーツから考えると、

「心の繊細な動きに敏感な人」

ということになるのかもしれませんね。

周りにいませんか?



名前を大切な方へのプレゼントに…

↑これは「愛」さんの名前を名美ARTにしたものです。
漢字の解説書もお付けしています。

名美作品制作依頼はこちらから…

皆様素敵な「七夕」をお過ごしくださいませ。

 

本田蒼風_Performing ART of Calligraphy



Performance書道 in 福岡博多・東長寺【空海劇場2011】〜掘


















Photo by KOICHIRO

私は、その場で書きだす文字を通して、MOJIKARAを届けたい。

全身を使ってMOJIKARAを届けることのできる

この身体と心を与えてもらっているから…。

私にできる表現方法で

伝え続けたい…

そう改めて心から感じることができた素晴らしい機会となりました。

機会をくださったモキチアンドパートナーズ株式会社の皆様、他沢山の方々、

そして当日会場へ足を運んでくださった皆様に

心から感謝いたします。







Performance 書道 in 福岡博多・東長寺【空海劇場2011】~供


 





















Photo by KOICHIRO

パフォーマンス書道 in 福岡博多・東長寺【空海劇場2011】 〜機




























Photo by KOICHIRO
 

福岡テンジン大学×空海劇場コラボ特別企画【ART書道で心を書こう】


こんにちは、ART書家・本田蒼風です。

昨日からもう6月。

【水無月】ともいいますが、

由来は諸説あるようで、

梅雨時期にいよいよ突入ということで、

「天の水が梅雨時期に入ってしまって地に全部降り注がれるので、天に水がなくなる月」という説や

または

田植えが終わり、水田に水が張られる月なので「水張月」が変化して「みなづき」とか…

皆田植えという一年のうちの大きな仕事を終わらせたということで「皆仕事尽きた日」=「みなしつき」が変化したという説…

などなど

どれにしても、自然(天候)と稲作文化の流れが大きく関係しているのが興味深いですね

私はなんでも「ルーツ」を探るのが大好きです 

因果関係の「因」の方が気になります。「果」は目にできることが多いけど、

「因」は、自分で探っていかないと、なかなか見えてこないことが多いから…

なんかワクワクします。

さて、話は色々な方向へ行きそうですが、
今日は

5月22日(日) 福岡東長寺で行った

福岡テンジン大学×  空海劇場2011
特別コラボ企画 ART書道で心を書こう】
の様子をご報告。





10時30分〜12時の1時間半、
場所は、なんと…



木造坐像としては日本一の大きさを誇る【福岡大仏】様の真横のスペースをお借りしての
ART書ワークショップとなりました。

P.S この大仏様の中をめぐる「地獄巡り」というものが体験でき、そこは【漆黒の闇】なのですが…
想像以上に怖い!!!これは一度体験すべきです。それもこんなに貴重な体験が「無料!」これは福岡へ行く方は一度是非立ち寄るべきです!!


「ありがたや〜」



「こりゃまた…ありがたや〜」なサポーター(失礼)様もいらっしゃって、
いままでにない雰囲気の中でのワークショップを経験することとなりました。




「空海劇場」とのコラボ企画ということで、

ワークショップに入る前に

「空海ってどんな人?」
「どんなことをした人?」
「本田蒼風と空海の秘密の関係(いやいや卒論が「能書家・空海の研究」だったってことですよ。)」

などのお話をさせていただきました。


はっ!!!

気が付けば、後ろにはこちら東長寺の住職・藤田紫雲さんが見学にいらっしゃっているではありませんか!!

緊張するぅ〜。

「空海」といえば、

・密教を中国から持ってきた人
・最澄と空海(セットで覚えている方が多いようですね。)

というイメージ以外、あまり詳しく知っている方が当日も少なかったのですが

実は、

能書家、実業家などなど

本当に色々多彩過ぎて、ちょっと「奇人」的な扱いをされるほどの人だったといわれています。

その中でも、1200年以上経った今なお私たちの生活を支える「生きるための生活の知恵や技術」

遣唐使として唐へ渡り、日本へ持ち帰ってきて日本国中に広めていったのも

空海の大きな業績の一つです。

書道に欠かせない「和紙

和紙漉きの技術も、実は空海が中国から持ち帰った技術だったのではないかとも言われています。

ということで、

いつも私が大変お世話になっており、和紙の文化を発信し続けてくださっている

高岡丑製紙研究所 (四国・高知いの町)より高岡利枝さんが

ゲストスピーカーとして、四国から来てくださいました。



和紙の原料や製造工程、

なぜ和紙は今の時代に見直されてきているのか…など

伝統と現代の生活の両面から、

職人さんたちの現状などをふまえ、お話くださいました。



高岡さんとは、

私が書道家の活動と同じく、代表を務める

Washa Japan(ワシャジャパン)の活動を通して、

深くお付き合いさせていただくことになったのです。
(このお話はまた後程)


高岡さんから和紙のお話を頂いて、

いよいよその「和紙」の魅力を体験を通して知っていただこう!!ということで、

ワークショップスタート。



筆と和紙、墨の相性はどうかしら?
にじみやかすれの美しさは「書」の大切な魅力の一つです。





空海は、気持ちを表現に込める「卒意の書」を得意としていました。

私が「想いを漢字に込めて書くためには…」と何枚かデモンストレーション。




高岡さんもほかの生徒さんたちと一緒に、筆を走らせます。



「空・海・福」の3文字については、

私が事前に「漢字のルーツ」も知っていただけるようレジュメを配布いたしました。

福は「酒樽」の形がルーツなのを知って…↑ う〜ん何ともたっぷり入りそうな酒樽!!

最初は座って書いていたのですが、

最終的には何人もの人が立って、身体全体で文字を表現していました。



最後に、本日の一番お気に入り作品をもってみんなで記念撮影!!!
(あっ…後ろに荘厳な雰囲気をもった生徒さんが4名増えている…あっ!?失礼)

皆様、本当に楽しんでいただけたようで、

それぞれ初対面の方がたばかりだったのに、最後には作品を交換しあったりするほど仲がよくなっちゃっていたよう(^^)

文字で心が通じたのでしょうか?!

よかった、よかった…



で終わりのはずでしたが、

空海が持ち帰ってくれた「和紙」の魅力を、

さらに「味覚でも」体験していたきたいということで

私、本田蒼風は急遽「珈琲屋さん」へと転職しました。笑



高岡さんのところで作っている和紙を使用した

珈琲専門店ぽえむさんとWasha Japanの共同開発品

土佐和紙で淹れる極上日本の珈琲フィルターの試飲会も開催!!



私が珈琲をドリップしている間は、

高岡さんが皆様へと持ってきてくださった和紙のプレゼントを手に取ってもらい
感想やアンケートにお答えいただきました。

皆様から、素晴らしいアイデアやご意見を頂くことができました。





直接、今現場で伝統を繋いでくださっている方と、

その魅力を知りたいと思う方を繋ぐことが、

Washa Japanにできる一つの形だと思っています。



【土佐和紙で淹れた極上日本の珈琲】の香りに包まれながら、

和紙の魅力や、今後それをどうやって生活の中で使っていくことができるのか…など

講座終了後も熱く皆様とお話できたことがとても嬉しかったです。



今後も、まだまだ眠っている「古き佳き日本の伝統・文化」の魅力

もっと身近なものとして活用していくことができるよう、

発信を続けていきたいと思っています。

==========================

【極上日本の珈琲】を味わってみたい方…

http://www.washa-japan.com/?page_id=50

こちらに詳細が載っています。

パッケージデザインは本田蒼風が担当させていただきました

海外へのプレゼント、結婚式の引き出物などにも好評を頂いております★

お試しあれ!!

空海劇場2011【流〜流れを創れ】ダイジェスト版完成!

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:エンターテイメント


空海劇場2011ダイジェスト版(You Tube)
ができました。

…あ〜なんか、あっという間だったな。



皆素晴らしいパフォーマンスをステージいっぱいに、


東長寺の会場いっぱいに伝えた結果、

本当に多くの(当日は800人超、900人近かったと聞いています。)観客の皆様に、

喜んで帰っていただけたのでした。


「流れを創れ」

今回の5月22日のイベントテーマでした。

空海が1200年前、

死にもの狂いで海を渡り、

多くの新しい文化や日々の生活の知恵、芸術、宗教観を持ち帰ってきて、

「これからも、新しい文化が東に長く広がっていきますように…」


と願いを込めて日本に帰国して一番初めに建立されたとされる


東長寺


今回はジャンルも、育った地域も国も様々なアーティストが

融合し、新しいものを生み出すべく取り組んだイベントでした。


このイベントがきっかけで、

また新しい文化が

今後も東だけでなく、

広く世界中に広がっていくことを

心から願っています。

空海劇場2011無事終了!

 
ず〜っと準備してきた




空海劇場2011 in 福岡 東長寺
 
皆様の雨乞いの逆の効果もあり…笑


無事終了いたしました〜!!


本当にありがとうございました!

いや〜

私もステージでのパフォーマンスは幾度となく経験してまいりましたが、

今回は

お寺&私の大好きな「空海」というテーマ

があった上でのパフォーマンス。


気持ちが違いました、正直。

そして緊張も半端じゃなかったです…実は。

ですが、

わざわざ遠くは北海道から、

そしていつもお世話になっている四国・高知からも時間を創って見に来てくださった皆様の

暖かい声援がぐいぐい心と身体を押してくれて

無事大盛況のうちに終わることができました。

報告は随時UPしていきますね。

帰ってきてからはしばし、放心状態&福岡から届く荷物たちの片づけでテンヤワンヤでしたが、
今日やっとちょっと気持ちも身体も落ち着きました。







Photo: Koichiro(←熊本からありがとうございました!!)

ついにキタぁ〜!!!!!「空海劇場」焼酎が手元に…キタ〜!!!

JUGEMテーマ:お酒




いよいよ「空海劇場2011」本番まで当日入れて4日の迫った本日。


ついに私の念願だった


本田蒼風文字デザイン
吉田類さん監修の
オリジナルラベルのお酒
が手元に〜!!! 




(5月22日から発売!私は一足先に…)

ず〜っとやってみたかった

お酒のラベル。


今回のイベントで実現できるとは…


それも私の大好きな「空海」の文字が入っているなんて…


スペシャルすぎます!!!


今まで活動続けてきてよかった・・・・本当に良かった。涙


生きていればいいことあるもんだ。


さて、いよいよ本番が近付いてきて、

準備も大詰め…


になるはずが、

まだ最初のとっかかり?! 大汗


でも大丈夫。


だってこんなにワクワクしているもん


心がのっているときは、

成功するときです。


…と私は信じています!!!!


まだ何席か22日、イベントチケット購入枠あるようですよ(^^)

是非これを機会に、新幹線が開通した九州福岡へ来たらいい!!

詳細はこちら…

空海劇場2011_22日・24日・25日(完売)チケット購入情報


空海劇場2011限定焼酎予約についてはこちら…
※空海劇場2011限定焼酎については本数に限りがございます。
5月22日よりの新発売(税込み) 
■1800ml→2500yen ■720ml→1200yen ■300ml→600yen

ご注文は私へ連絡いただければ、酒造会社さんが…押さえてくださるのではないかと…思います。
私がまとめてリストにして、注文をいたします。

お名前、ご住所、連絡先、必要な本数をご記入の上、ご連絡くださいませ。

info@honda-soufu.com

あと一息、準備がんばるどい!!

私が頑張れる理由


こんにちは、アート書道家・本田蒼風です。

いよいよ今週末に迫った空海劇場2011 


ライブの雰囲気やイメージを考えていると、
頭の中でいろんな映像がどんどん浮かんできます。

ず〜っと考えているらしく(無意識的にも)


夢にも出る出る

もう何度ライブパフォーマンスしたかわかりません。笑

韓国太鼓の奏者・エイヂンさんと打ち合わせをしながら、
お互いイメージを膨らませています。

音楽つがなりということで…

私、本田は音楽に関して言いますと

幼いころ(中学生まで)エレクトーンを習っていたり、

中学校の頃は吹奏楽部だったりしたくらいで、

大人になってからは

特にこれといって音楽に直接携わっている訳ではありませんが、

クラブは30歳になった今でも大好きです。あはは。

昔から音楽がかかると、ちょっとした身体の異変があります。


街頭などで音楽がかかっていると、

口ずさんだり、

身体が揺れたり、

軽く小躍りしたり

小学生の頃のあだ名は

「ロックンフラワー」でした。


これね。笑


さらにいうと、この現象は、遺伝化もしれませんで…


私の母は、家事をしながら、

家の中で頻繁に

歌を歌ったり、

踊ったりしていました。

有名な本田母のダンスの名前は


「飛行機ぶんぶんダンス」

両手を大きく広げ、

左右に大きく体をリズムに合わせて揺らします。

これがお得意中のお得意ダンスでした。笑

それを見て育ったからか、

私も、妹も、

かなりの頻度で歌ったり、踊ったりしていました。


車の中なんか、もう大変。

それぞれ違う歌を歌うもんだから、

何を歌っているのか聞こえない。

そう、このころから、

今の私の「Going My Way」的な性格が形成されていたのです。


小さなころの記憶だったり、

経験って、大人になっても関係あるのかも?!


さて、話がそれてしまいましたが、

私が今もこうやって色々な活動をがんばれるのは、

今の私を創ってくれた

クリエイティブな感覚あふれる家族や親戚、友人らに恵まれたから…

というのは確かなのです。


が、

それプラス、


自分が生涯をかけて叶えたい目標を見つけてから知り合った

素敵な友人がいること


とっても大切なポイントだと、最近特に思うのです。


正直、私友達づきあい良くないです。

マメな性格でもありません。

でも本当の友達は、

連絡を取ったり、

直接会う頻度の問題ではなくて、

どっかいつでも心でつながっている


そんな感覚をくれる人たちです。

そんな大切な友人の一人でもあり、

素晴らしいシンガーでもあるunistyleのYUUMIさんが


このたび、

5月24日(火)

横浜にあるMotion Blue YOKOHAMAにて

ワンマンライブを開催されることが決まりました★





私にとって彼女の歌声と、

そして言葉ひとつひとつが

元気の素。


同じ年代で

本気で夢に向かって頑張っている仲間がいてくれることで、

「私も、もっと頑張れるはず!!」


って思える。

私がこうやって

毎日、楽しくがんばれているのは、


色々な形で活動を応援してくれている方々


そして

同じように目標に向かって頑張っている姿を見せてくれる仲間のおかげです。


YUUMIさんがワンマンライブで素敵な歌声を会場の方々に届けるなら、


私も空海劇場に来てくださった方々に感動を届けたい。

そう思っています。



今日も夢を持った

「熱い、熱い」仲間と吉祥寺で韓国焼肉食べてきます★

今日のメンバーは

フォトグラファー・TODA ASAKO(oiwai photo)

一級建築士・YAMASHITA YASUNARI

夜明け画家・須貝美和

ワガママ&Going My Wayな私と付き合ってくれる大切な仲間に感謝です