あけましておめでとうございます!!

2011年年賀状
「手を伸ばす先」2011_C:HONDA SOUFU


年があけましたね。
皆様、昨年も大変お世話になりました。

私、本田蒼風にとっては、転機(リスタート)と呼ぶにふさわしいとしになりました。

そんな年の終わりと、あたらしい年の始まりは、

やっぱり私を育ててくれた大きな大地=地元・北海道で大切な家族と過ごしたいと想い、

昨年の21日から北海道入りしました。今回は2週間程北海道のほぼ中心部にある旭川にいます。

家族との何気ない会話をして、

天気が良かったので、近所を散歩。

私が22歳まで育ててくれた旭川の街は、

新しいビルやマンション、大きな商業施設ができたり、

昔あったお店が様変わりしたりと、少しずつ形を変えつつも、

やっぱり実家の裏にある山や、近所の川や橋は変わらず、

美しさと凛とした強さをもって私を包んでくれるようで…

何度帰ってきても、いつも良さを心から感じさせてくれる大切な大切な場所です。

祖母が面白い本をすすめてくれたので、寝る前の寝室でゆっくり本を読んでいます。

「いろは歌」の話。


もしも、私が何気なく生きているように感じているこの毎日は、

実は大きな大きな自然の一部のほんの一点としてあるとしたら、

「いろは歌」の一説のように、

「色はにほへど、散りぬるを、我がよ誰そ、常ならむ」

同じ景色を見せる自然の景色がないように、
常に私も変わり続けるのが当たり前の姿。

でも、私の故郷のこの景色が、

いつ帰ってきても私を同じように感動させ、包んでくれるような感覚は変わらないのだとすると、

芯になる部分は変わらずにあるべきなのかな…

と。


昨年末は、まさに、変わり続けた自分を一つずつ確認していたような、そんな感覚で、

今年からは、不変&普遍となる部分を探すスタートになるようなそんな感じです。

書道家として生きることを決めてから、

過ごしてきた今までの日々で一つだけ見つけた「確信」=ひょっとしたらこれがこれから探すものの一つ目?みたいなもの。

それは、

行きたい点を見つけたら、自分から手を伸ばすこと、そこから目を離さぬこと。

これだけはいつ、どんな時でも必要なのだと感じている。

リスタートの今年の目標を今年は年賀状にしました。

2011年年賀状

「夢」という漢字です。

大きな目で、目標の点を見つめて、ぐっと手を伸ばす姿からできた「夢」の漢字は、

今の私に一番必要な漢字だと思っています。

だから、いつもお世話になっている皆さんへ宣言しちゃいましょう…ということで。

「夢」を贈ります。



今年も本田蒼風は、


「夢」にぐぐぐっと手を伸ばして、


ちょっとずつでも目標に近づけるように進みます。


どうぞ、よろしくお願いします。


2011年1月1日 本田蒼風 29歳

夢を引き寄せるチカラ〜友人からの嬉しい報告

 本田蒼風邪作品・夢
C: HONDA SOUFU _夢


「夢」という漢字を作品にしようと思ったのは、

ちょうど今から3年くらい前だったと思う。


右も左もわからず、スタートをきった「アート書道家」という道。


「書を通して何ができるのか、何をすべきなのか」

ちょうど活動を初めて1年たったくらい経ち、生活スタイルを新しく立て直すと決めた頃だった。

スタートしたときは「一年全力でやってみて、その時点でこの先も続けるか、違う形をとるべきか考えよう」と思っていた。


「夢」という漢字を、改めて作品にしてみようと思ったのは、

ちょうど、この「見直し期間」の時だったと記憶している。


「夢」という漢字は、

大きな目で、天高く輝く星…

まだ見えぬ何かをずっと見続けて、

それをこの手でつかもうと手を伸ばしている姿からできたといわれている漢字だ。



「私はこれができるだろうか…目に見えないほどの光から目をそらさずに、

手を伸ばし続けられるだろうか…」


活動はいつも、楽しさのワクワクと、どうなるかわからないドキドキの狭間をいったりきたりしている。

でも今こうやって、大変ながらも活動を続けてこられているのは、

間違いなく周りで見守り、支えてくれた人たちがいるからだと思っている。


そんな大切な人たちの中に、

この作品制作したときとほぼ時期を同じくして、

天にぐぐっと手を伸ばした友人がいた。


ヤマシタヤスナリ君である。

私のBlogでも何度も話題に上っている彼が、


先日、「夢」という漢字の本当の意味をもう一度、教えてくれた。

それも自身の体験を通して。


3年間、どんなに辛くても、

あきらめそうになりながらも、

ずっとずっと彼は上に見える光に手をしっかりと伸ばし続けて…


先日、晴れて一級建築士の試験に合格した!!!!!

凄いっ!!!


凄いっ!!!


私は彼から「うかったど〜」のTELが来たとき、胸のあたりがじわ〜んと熱くなって、

涙がでてしまった。

だって、

彼はいつでも、どんなに大変な時でも


誰よりも明るく場の雰囲気をつくってくれて、

誰よりも親身になって相談に乗ってくれて

誰よりも本気で意見をぶつけ合える大切な大切な友人だから。


そんな彼がず〜っと目標にしてきた「一級建築士」という「夢」の一歩目を


確実にその手の中に引き寄せた。


「夢」の文字を体現して、私に勇気をくれた。

そして、私に98%の感動と、2%のジェラシーをくれた。

(なぜ2%かって・・??彼女が1%と書いているからさ。)

http://ameblo.jp/ayanchi08/entry-10739064988.html

そう、彼女(サイトウアヤさん)も私にバンバン影響を与えてくれる大切な大切な友人。

彼女も今、自分の可能性を信じて、全力で頑張っています。

みんなも応援よろしくお願いします。

詳細はこちら…

http://ameblo.jp/ayanchi08/entry-10734314869.html#main




こんばんは、そのお祝いも兼ねて一緒に飲みにいった。


そしてまたいつものように、これからの目標と夢を熱く、あつく語っていた。


「やっとスタートに立った段階だからね。これからですよ。がんばるよ!!!」

ってキラキラの笑顔で★

山下君とお祝い写真

記念に雷門で一枚!!


一級建築士、おめでとう。

そして、

これからもお互い「夢」を目指して、


バチバチライバル心もっていきましょう!!!(^^)



大切な友人から、大切なことを教わった出来事でした。



今日は打ち合わせで…

アカサカサカス!


イルミネーション綺麗!

続:夢…現実への一歩【トルコでのアートプロジェクトを目指して】

前回までのあらずじはこちら…

夢への扉〜その1

夢への扉〜その2


で、何とかトルコから来日されている方や、現在日本で活躍されているArtistさんたちとお話しするチャンスをつかんだ私でしたが、


奇跡がさらに!!


オープニングPartyの翌日、

トルコから来日された皆様を、都内の美術館や建造物を見てもらうためのアテンド人員が必要になっていました。

そして彼らは、公用語がトルコ語。
あとは英語が使えました。
日本語はさっぱりということで、困っておられました…

ということで、英語が使えれば何とかなる!!

明日は私、夜からしか打ち合わせがない!!!


英語の勉強にもなるし、これは色々とトルコについてお話を伺うチャ〜ンス!!!


ということで、都内・アテンド役に立候補しました。笑

こちらが都内アテンド中の私。


彼らは都内のホテルに宿泊していたので、朝ピックアップしに行きました。

10時集合で、ホテルに朝食が付いていたので済ませているかと思っていたら「チーズと紅茶で朝食が食べたい!」と…

さっそく自由な感じが出てます。笑

チーズと甘い紅茶は彼らにとって必須らしいです。



朝食も終わって、さて、地下鉄で移動!国立近代美術館に行きましょう。

面白かったのが、

乗車位置にしっかり並んでいる日本人を不思議そうに凝視して、
「乗車するために並ぶ」ということに気が付いたらしく、

大きなトルコ人4人が一直線に整列していたこと。笑

真面目です。



今回来日されたのは、

現在はトルコの大学の教授でありアーティストさんでもある方が3名、

10年前のアートプロジェクトの際にデルマンダラという都市の市長さんで、現在はトルコでいうシリコンバレーみたいな大きな都市のディレクターさんをしている1名の計4名でした。

さすがアーティストさん!!!


美術館でも見る観点がとっても面白くて、

作品をみて、色々と意見などを交換することができて、本当に勉強になりました(^^)


続きまして、浅草浅草寺へ観光!



「煙をうけると、その部分がよくなるんだよ」といった瞬間、

顔を煙の中に突っ込んでました。爆笑





トルコの皆さん、本当にユーモア満載!!

ノリとしてはラテン系でしょうか?いつでも冗談を言い合って笑っていました。

「顔立ちがみんな違うんだね」

という話をしたら、

「トルコは色々な人種が混ざり合っているから、色々な人がいるよ。両親も出身の国が違う人が沢山いるし…日本人はみんな似ているね。笑」


って。

やっぱりそう見えるんでしょうか。

でも面白いんです。

中国・韓国・やアジア系の方たちと日本人の雰囲気って似ていると思うのですが、

彼らは瞬時に見分けられるんです。笑

「普段からデッサンをず〜っとしているから、ちょっとした特徴をつかむのが得意なんだ、きっと。」って。

そうなんだ〜。



cafeにすぐ入りたがります。
cafe文化がトルコでは根付いているんですって。

入ったのは「和cafe」。抹茶などが飲めました。

…突如、このcafeに入る前に八百屋さんを見つけて購入したみかんを
テーブルいっぱいに広げてむしゃむしゃと食べ始めました。


「…日本では…基本的には、店外で購入したものを食べてはいけないんだよ」


っていったら

覚えたての日本語で

「しゅいません、しゅみましぇん!!!」

って店員さんに謝りながら、そそくさと鞄にしまっていました。

素直でいい人たちです。笑



お茶はどう?



寒かったので、温まって気持ちがほっとしました。



結局アテンドは、(諸事情により 笑)丸2日間に渡ったわけですが、


皆で色々と朝から晩までお話できて、勉強になったり楽しかったことばかり。

本当に出会えてよかった!!!



「そうふうさ〜ん」「そうふう!!」


私の名前を憶えてくれたのも嬉しかったですけど、都内であれだけ名前を連呼されたのも初めてでした。笑



ヤスミンさんは4名の中で唯一の女性。

すっごく仲良くなって、それだけでも嬉しかったのに…

「蒼風!!トルコにいつでもおいでよ★私の家に1か月くらい滞在して、一緒にアート作品創ろう!」って楽しい楽しい



なんて嬉しい!!!


彼らが帰ったら「蒼風をアートプロジェクトとして招待できるように頑張るよ」って言ってくれました。…嬉しすぎます!!!びっくり


本当に行けることになるかもしれない…


そう思ったら、


もっともっと作品を鍛えて、

トルコで、私がず〜っとやりたかった「文化交流」を実現できるように

ますますがんばらなくちゃ!!って心から思えました。



ありがとう!! もっと頑張るよ、私。

2008年2月29日の私の想い【現実へ一歩編】

できたらいいなリスト


約2年前の私が「できたらいいなリスト」に書いていたこと



それは、



トルコで個展をやること


2年前のBlogにも書いてありますけど、

なぜ自分がそこまで「トルコ」という国にこだわっているのか…

一つ考えられるのは


「東西の文化の融合の地だから」


私が活動の中で、「今までやってきた伝統的な書道に、他の感覚(それは文化や絵画的な要素なのか…もっともっといえば、生活そのものなのか…)をプラスしたら、何が生まれるのか…」とテーマにずっと考えて活動してきたときに、


歴史上、文化が融合してできあがった国はまさに「トルコ」だと思った。


だからか…?!


「ヨーロッパから見たときの極東=トルコ、アジアから見たときの極東=日本」だから…

陸続きの「トルコ」と、島国の「日本」では違うかもしれないけど、

でもなんだか共通しているところもあるのかも…


…どれも決定的な理由ではない気がするけど、

本能的に、どうしても気になる。

旅行でも行ったことがない国なのですが、なんでだろう。どうしても、この国だって思っています。

あえていうなら、母の友人がトルコの雑貨屋さんを地元の町でやっていて、

小さいころに「ナザールボンジュー(目玉の形をした青い魔除け)」をみていたから??



どの理由も後付な気がします。


でもどうしてもそんな目標をもっていたのですが、

「行きたい」と思ったのも直感だから、

あとはそれを実行に移せるタイミングもあるだろうと思っていたので、
目の前にあることを兎に角やってきた…この2年間。

ここにきて、ちょっと現実への波が立ってきたような気がしています。

【2010.12.2のBLOG_近所に夢の扉?】


偶然っていうのは、色々と突然起こるもので、

自分のチカラ意外に、「明らかに何か渦巻いてるでしょ!!」ってこと、

ありませんか?


まさに今回はそんな感覚でした。

11月16日(火)〜先日のBlogでもUPしたご近所の素敵なギャラリーB-galleryのオーナーさんであり、

日本のみならず海外でも活躍されている現代作家の長はるこさんとの出会いが始まりでした。

近所を散歩していたら、まず「重要文化財・自由学園の建築」に惚れ惚れし、

そしてすぐ横の【B-gallery】の雰囲気の優しさに魅かれて足を踏み入れたのが初めでした。

こちらのギャラリーではほとんどが「企画展(スペース貸ではなくギャラリー主催の展覧会)」で、

色々とお話をしていたら、ふと、目に入った「トルコ」の文字。



「私、とてもトルコに興味があって…」というお話をしたところ

「オープニングにいらしたら?トルコから作家も来日するから」と。


キャ〜!!ときめきときめきときめき

旅行で行って現地の人と話すことももちろんできるけど、


実際にあこがれの国「トルコ」でアーティストとして活動されている方々とお話しできるかもしれないなんて…願った以上に嬉しいお話!


ということで、

参加させていただきました。


今回の「日本トルコ現代美術展2010」は、

1999年のトルコ地震被災の際に支援活動から始まった「こころのパン」プロジェクトに賛同した日本の作家と被災地のコジャエリ大学の美術学部の作家各6名ずつの作品展なのだそう。


どの作品も、シンプルながら美しい強さのある作品が多い気がしました。

そんなオープニングPartyに参加させていただいたのですが…

最初はだれも知り合いもおらず…アウェー感たっぷり…


年を追うごとに大勢の中での社交性を失っている本田さん(笑)は


一人ぽつん…


でもそんなときに、素敵な出来事が!!


トルコから来日されていた方の一人、アルトゥールさんが

10年前の震災のときのアートプロジェクトの資料をUSBに入れてもっていたのですが、

それを、その時にトルコへ行かれた作家の三木俊治さん(実は私の地元旭川の美術館前に先生の作品があって、幼いころからよく見ていたし、夏に帰った時も「素敵だな〜」って思って写真を撮っていたので…偶然にもこんなところでご本人に会えるとはびっくり!!!)に渡すためにCDに焼きたいと思っていたようなのですが

(たまたま)ギャラリーのPCが不調で困っていらっしゃいました。


「私の家がすぐ近所ですので、焼いてきましょうか?」


そのことがきっかけで、


トルコから来日されている方とも、そしてオープニングにいらっしゃってた日本人作家の方々ともお話をするきっかけをつかんだのでしたときめき


続きはまた次へ…

近所に夢の扉?

私のアトリエ(自宅兼ですが…)のすぐ近所には

重要文化財・自由学園明日館があります。



建築がま〜素晴らしいのですが、

建築は、アメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトの設計なのです!!

知らなかった〜。

フランク・ロイド・ライトと言えば、日本だと「帝国ホテル(現・明治館)」の建築家として有名でしょうか?

私は、昨年いったNYでの衝撃!カタツムリの家のような建築「グッゲンハイム美術館」の建築家!というイメージが強かったのですが…



ねっ!

町中にドド〜ンとあると迫力満点でした。

その巨匠が設計した重要文化財が私の家のすぐ近くにあるので、

毎日の散歩がちょっと贅沢です。笑

そちらのすぐ横で、

つい最近、

これまた素晴らしいギャラリーを発見しました!!!

B-gallery

これまた何気なく散歩をしていたら、発見してふらりと立ち寄ったのですが…

なんと…


このギャラリーが、ひょっとしたら、私の夢を現実化させてくれる一つのきっかけになるのかもしれません!!!!


ヒントはこちらです




ポイントは「トルコ」です。

5日までギャラリーで日本人とトルコ人現代アーティストの素敵な作品たちが展示・販売されています。

是非明日館を見学しつつ、ギャラリーにもお立ち寄りくださいませ★


続きはまた次に…

私が落ち込んだ時の立ち直り方!

楽しいことがダダ〜と続くときもあれば、

なんでだ〜!!!!冷や汗って思うくらい大変なことが続くことだってある。


当たり前なんだけど、

心は傷つく。

そんなときに私がいつもやること。




おっいしいお米で作られた


美味しい「おむすび」を食べることラブ


おむすびは、


3角形をしていて(諸説ありますが…三角には不思議な力があるって昔から思われていたらしいです…ピラミッドとか、富士山を大切にすることとか…)、


白いお米と、海苔と塩の至ってシンプルな形と味だけど、


そこには、

「がんばって育ってくれた米たちの元気パワー」と

「きれいな大地で作られたお水」と

「日本をぐるりと囲んでいる大きな大きな海の子分?の塩」が


ぎゅぎゅって詰まっているから。


なんかそんな大地のチカラが詰まったおむすびを「よ〜く噛んで、味わって」いると…

だんだん気分がUPupしてきて、


「”むすび”ってくらいだから、いい人との縁がどんどん「結ばれる」はずだ!!!もう一息がんばろう!」


って…


なんだかとにかく元気いっぱいになるから



私が落ち込んだ時には、


私の家の台所からは、必ずおいしいお米の炊ける香りがするんです。


食べすぎには注意ですけど…

親・子・孫・ひ孫…続いていく血

今月頭、少し北海道へ帰っていました。

皆元気でよかった。


今の私の最大の楽しみは、

北海道に住む、大好きな妹の子供マドカに会うこと。

昔から「姉妹仲いいよね〜」と言われる私たち姉妹。

その妹の子供ともなると、

可愛いこと、この上ない。





そんな切ない表情で見ても、チャイルドシートは義務ですから…!!
(すぐにベルトからうまく抜け出て、車の中で遊ぼうとします。)


祖母、妹、妹の子供。


こうやってつながっていくのです。しみじみ。


今回北海道に帰って、こう思ったきっかけは、


旭川市内のギャラリーで展示されていた


私の父(書道の名前は無蒼…私は父からひともじもらって蒼風です。)の作品を

久しぶりにじっくりみたから。



父の作品はいつも


白(余白)がとても美しい

書いてある黒の部分の線が細くてもしなやかで強い。


私は大学も父と同じ大学の同じ学部を卒業した。


ゼミ室には、父の大学時代の作品写真などが沢山残っていて、

夜中泊まり込みで作品制作をしていた学生時代に

何度も見ていた。


学生の頃から、

父の作品がもつ「雰囲気」は変わっていなかった。


私の家では、

リビングにいつでも父の大きな作品が壁にかかっていた。


幼い頃は無意識に毎日見ていた父の作品。


そして大学に入ってからは、
比較されることが嫌だと感じた時も少しあったけど…


それもきっと私の小さな反抗期だったのかも…と今は思うのですけど。

私が東京に出てきたころから、

両親との距離がなんだか近くなった気がしている。


物理的には遠くなったのだけど。



離れたからこそ、

それまで両親が私にしてくれていたことの意味がわかってきたからかもしれない…。




最近では、

ふと書く作品が


年々、父の作品に自分の作品が似てくる。

祖母も最近の私の書いたものを見て、

「お父さんの字にそっくりだね〜。これなんてほら、そっくり」


って言ってた。



そういうものなんだと思った。



私の父は、職場(今は中学校の校長をしていますが)では、どうかわからないのだけど、

家では本当に口数の少ない人だ。


あまりに愛想のない話し方すぎて「機嫌悪いのか??!」と思った時もあったり…笑

書道も直接教えてもらったのは、祖母のほうが圧倒的に多かったのだけど…


きっと潜在的に覚えているのかも…父の作品がもっていた雰囲気を。



「最近どうだ?!元気でやってるのか?」


私が北海道に帰ると毎回聞いてくる。


「元気、元気。」


「仕事がんばってるのか?」


「うん、楽しくやってるよ。」

「そうか…。」




「お前は最近、書きすぎるぞ。」


「…?」



「書きすぎるぞ…押しつけがましくなるぞ、書きすぎると。BlogとかHPの作品見てると…そう思うぞ。」


「(お父さん、私のBlogとかHP見てるんだ…へ〜)…そう…かな〜。」


「お前は、お前のセンスで書けばいいんだ。それが一番いい。「書道家」になろうとしないでいい。」


「…そうだね。そうかもね。」


こんな会話があった。


書いただけでは分かりずらい会話かもしれないけど、


私には父の言いたいことがなんだか凄く伝わった気がして、
印象にのこった。


私は、気持ちがすぐに線にでる。


父も書をやっているから、


きっと線をみれば私がどういう状況かお見通しなんだ…


「書道家」っていう言葉のとらえ方は難しい。


でもきっとそれをわかっている父だからこそ、


「書道家」になろうとしなくていい



って言ってくれたんだと思った。



父の言葉は、


いつでも


短くて、愛想がない。



でも


いいところ、ついてくる。


父は、やっぱり、いつまでたっても「私の父」で


やっぱり尊敬する人です。

明日から北海道へGO!!

明日5日〜9日までは北海道におりますっ!!

帰省大好き29歳、本田さん。

今からワクワク。


※メール環境はありますが、返信など遅くなることもあると思います。
ご迷惑おかけいたしますがご了承くださいませ。

染まる、染める…




つい最近買ったばかりのオタマ

グレーの色の組み合わせが
気に入って買ったのですが、


買ってきたその日に、根菜類たっぷりカレーをクツクツ煮込んでおりましたら…





えっ!!!冷や汗

一瞬にして


お玉が黄色く染まりました。


カレーってすごいな…。


最近【染色】に興味があり、いろいろ調べ物をしています。

特に「藍」色。


北斎や広重などの浮世絵でも、

ブルーがとても印象的で、


ちょうどご縁あって、北斎についても調べていたので、

これはきっと何か関係があるのでは…



と,そろり、そろりと紐解いているところ。



「私も、オタマを是ほど染めてしまうほどのカレーになりたい…」


よくわかりませんが、

まっ、影響力のある…って言いたかったんだと思いますけど。笑


カレーと、染めのパワーを感じた今日この頃。